自宅出産を助産師さんに、助産院、産婦人科と3通りの出産経験を持つママが今一番伝えたい事!


赤ちゃんを出産するなら病院・助産所・それとも自宅出産?

3通りの出産スタイルを経験した私がどのスタイルが一番良
かったのか、それぞれのメリットデメリットは何なのかを詳
しくご紹介。

出産を控えたプレママや二人目三人目出産を控えている方へ、
参考になる情報がいっぱいです。

初めての妊婦体験の始まり・・・。

長男を妊娠していると分かったのは、結婚して3ヶ月が過ぎ
た頃の事、お約束のような感じのハネムーンベイビーでした。

これから始まる生まれて初めての妊婦体験に、不安と期待で
いっぱいでした。

薬局で購入した妊娠チェック用品だけでは信用にならないと
思い、(これは後日誤りと分かる、実際はかなり正確で、判定
にほぼ間違いはないとの事)早速近くの産婦人科へ受診行きま
した。

そこで改めて検査を受けた上、エコーで確認を取ったところ
「おめでとうございます、間違いなく妊娠しています」とい
う先生の言葉、ようやく確信を持つことができました。

ただ、その時点ではまだまだ母親になるという実感は少しも
湧いて来なくて、「こんな状態で大丈夫かしら」と、思った
ものです。

産婦人科からの帰り道の車の中で、「これから妊婦としての
生活が始まるけど、仕事はどうするのか、夫にはどうやって
話そうか」などと、いろいろな事を考えながら家に帰りました。

その夜、ご飯を食べ終わってから夫に「赤ちゃんが出来たみ
たい」と、ストレートに告げると「やったー!バンザーイ」
と予想以上の大喜びぶりで、「あ、望まれて産まれて来る事が
できるんだ、この子は」と思い、嬉しくなったものです。

次の問題は、仕事をどうするのか?ということでした。

当時は家から車で1時間以上掛かる職場に通勤をしていたため、
大丈夫なのかと言う事と、どの位まで仕事を続けられるのか、
分からない事だらけです。

とにかく喜ばしい事ではありましたが、不安な事や分からない
事で頭がいっぱいでした。

このような感じで私の初めてのドキドキ妊婦生活が始まったの
です。

自宅出産・助産院・産婦人科

トップページ
●とりあえず産婦人科へ行く
●たまごクラブを愛読する妊婦
●切迫流産の危機!!
●余計な情報が不要な訳
●出産直前○○に行くアホ妊婦
●長い長い陣痛との戦い
●不安でたまらない分娩室
●難産の末に見たものは・・・
●夫が看護師さんに叱られる
●驚きの充実○○メニュー
●固定概念に振り回される日々
●搾乳機を使ってみたら・・・
●母乳がうまく出ない・・・
●しあわせな一歳の誕生日
●想定外の出来事に驚く
●助産所を検討してみる事に
●お好きな体勢で産んで下さい
●助産所が保育園状態に!?
●急速にお産が進んで慌てる
●パパが次男のへその緒を切る
●産後のまったりとした居心地
●快適な助産院での生活
●助産院での充実した指導内容
●産婦人科と助産院の違い
●二人の子育ては大変・・・
●夫が交通事故に遭い入院!
●母子家庭のような生活
●すんなり入れた保育園
●興味津々の保育園生活
●夫から驚きの提案が・・・
●いろいろあってようやく完成
●立ちはだかる待機児童の壁
●驚きの野生児保育園
●モンスター保護者の影響!?
●三人目は突然に!?
●自宅出産を検討してみる
●自宅出産を決めた本当の理由
●素敵な助産師さんとの出会い
●「骨」のゆがみには要注意!
●本当に充実のサポート内容
●身勝手なお願い・・・。
●いいよなぁ〜、男は・・・。
●真夜中に陣痛が始まる
●ようやく三男に会える
●「お湯を沸かして〜」の今昔
●母乳育児の意外な事実
●産後のアフターケアメニュー
●いつでも来てもらえる安心感
●一ヶ月検診での偶然
●四人目も自宅出産という夢

その他

リンク募集中
妊娠・出産・育児関係1
妊娠・出産・育児関係2
妊娠・出産・育児関係3
妊娠・出産・育児関係4
妊娠・出産・育児関係5
相互リンク・SEO関係1
相互リンク・SEO関係2
相互リンク・SEO関係3
相互リンク・SEO関係4
相互リンク・SEO関係5
その他リンク1
link 【11】〜【20】